スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一首評(第7回)

あはせ鏡のうちなるごとき街路樹のひとつすなはちすべてに触れゐつ
(光森裕樹『鈴を産むひばり』)

 整然と並んでいる街路樹はたしかに一本一本見分けがつかず、長い並木道はどこまでも終わりが見えなくて合わせ鏡のなかの世界のようだ。一本の木に手を触れると、すべての木に触れたことになる。その全能感。
 合わせ鏡のなかは果てしなく広い。ほんとうに、どこまで行っても果てがない。その一方で鏡そのものは平面であり、二枚の鏡にはさまれた空間はとても狭い。この開放感と閉塞感の両方が合わせ鏡においては真実である。
 合わせ鏡という認識によって、作者は並木道の内側に無限を呼び出しながら、同時にどこへも行きようのない閉鎖空間を作り出す。並木道はそれだけで完結したひとつの世界のように感じられる。この広漠たる空間を、わずかな動きによって作中主体の存在が満たし、作中主体の掌においてすべての木が束ねられる。

 この自己完結したような世界観には、どこか少年らしい瑞々しさがある。どこへも行けないような狭さのうちに果てしない広がりを見出し、自分だけのその世界で万能となるのは、少年期のありようそのものだ。
 じっさい、少年期はこの歌集においてひとつの主要なモチーフとなっている。「にはたづみに見おろす葉月のあをぞらに鳥を待ちゐしのみ少年期」「花積めばはなのおもさにつと沈む小舟のゆくへは知らず思春期」「砂時計おちゆく砂と等量にのぼるものあり青年期過ぐ」など。

 また、この歌はIT技術者としての仕事を中心的な素材としている連作に含まれており、連作全体を通して読むと、「あはせ鏡」からウェブへの連想を誘われもする。ウェブもまた、平面のむこうにある広大な世界である。
 そのような連想を許すような無機質さがこの歌にはある。直接的には「鏡」という道具から引き出されたものだろう。しかし、整然と立ち並んでいる街路樹も都会的な光景であり、一本一本異なるはずの樹木を同一の木に還元してしまう発想には(木を人に入れ替えてみればわかると思うが)冷徹とさえ言いたいようなクールさと現代性が潜んでいる。

 無機的なものを見つめる涼しいまなざしと、少年的な感性。そのふたつが両立している点にこの作者の魅力があるように思う。たとえば「鳥の名で統一したるサーバーのひとつがやはり応答しない」「進捗を示すグラフに切り替へるつかの間映る空の壁紙」といった歌。テクノロジーと自然物が同居して叙情性を醸し出している。
 引用歌は一見ITと何の関係もない。しかしこのような歌の中でこそ、根本にある発想のクールさが少年めいた瑞々しさと風景の幻想性を最大限に引き出している。相反するように見える特徴が、見事に結晶した歌である。

二〇一二年九月一六日 川野芽生

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

本短管理人

Author:本短管理人
東京大学の学生を中心とした学生短歌会です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
2353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

178位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。